タイ 7ヶ月ぶりに観光客の受け入れを再開〈10月24日更新〉

タイ国内で新型コロナウイルス対策として制限していた外国人観光客の受け入れを10月20日より約7ヶ月ぶりに再開しました。

受け入れ再開は中国から

タイ 観光客受け入れ

第1陣として新型コロナウイルスの抑え込みに成功している中国から約40人の観光客がバンコクのスワンナプーム空港に到着しました。

到着後は2週間の隔離生活が義務づけられていますが、この特別観光ビザでは最長で270日の滞在が可能になります。

今後日本も対象になる予定で、外国人観光客の呼び戻しに力を入れ国内のインバウンド需要を盛り返していく予定です。

日本からの観光客受け入れは?

日本からの観光客受け入れ再開の目処はまだ立っていません。

そのため日本人がタイに入国するにはWork Permitや入国許可証などの書類が必須です。

現状タイに入国するために必要な書類は以下の通り。

1 ビザもしくは再入国許可証があるパスポート
2 入国許可証(COE)
3 記入済みの申告書(Declaration Form)
4 英文の搭乗可能健康証明証(Fit to Fly to Travel Health Certificate)
5 渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明証
6 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万ドルもしくは1,100万円以上の治療補償額の英文医療保険証
7 ASQホテル(14日間隔離施設)の予約確認書

特別便の手配

タイ民間航空局は現在旅客便を制限しています。

事前にタイ政府が許可した特別便のみ渡航が認められています。

現状11月中に運行予定の成田発の特別便は以下の通りです。

タイ航空 特別便TG643(成田11:45発、バンコク16:45着)

11月1日、5日(お申し込みフォームはこちら)

11月8日、12日(お申し込みフォームはこちら)

11月15日、19日、22日、26日、29日

ビジネスクラス:186,500円/空港諸税3,820円/発行手数料40USドル

エコノミークラス:95,400円/空港諸税3,820円/発行手数料40USドル

日本航空 特別便JL031(羽田12:00発、バンコク16:25着)

11月6日、20日(お申し込みフォームはこちら)

ビジネスクラス:260,000円

エコノミークラス:143,000円

全日空 特別便NH847(詳細はこちら)

11月13日、20日

ビジネスクラス:255,000円/空港諸税3,880円/発行手数料5,500円

エコノミークラス:140,000円/空港諸税3,880円/発行手数料5,500円

ASQホテルの予約

前日の通り、入国後14日間の隔離生活が必要です。

タイ政府指定のASQホテルの手配はこちらから。

僕がタイに行ける日はいつくるのか…

航空券だけでも10万円(^◇^;)

まだまだ乗り越えないといけないハードルがたくさんありますね。

また進展があればお伝えします\(^-^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました