村上春樹 作品一覧 全作品のあらすじ

村上春樹 作品一覧 読書

当ブログで度々紹介している世界的人気作家の村上春樹さん。

僕が彼の作品と出会ったのは大学一年生のとき。

ふと図書館で目についた『風の歌を聴け』を手に取ったのが始まりでした。

それまで小説というものに親しみのなかった僕が、

彼の作品との出会いをきっかけに純文学に傾倒することになります。

後頭部をハンマーで思いっきり殴られたような衝撃を感じたこと、10年以上の歳月が経った今でも鮮明に覚えています。

それから数年間は長編・短編を問わず彼のすべての作品を文字通り読み漁りました。

そんな村上春樹マニアとも言うべき僕が彼の全作品をあらすじと名言と共に一覧にまとめてみました。

気になる作品があればぜひ手に取って読んでみてください。

皆さんの読書ライフが充実することを切に願っています。

村上春樹 長編小説一覧

村上春樹 作品一覧

14作目『騎士団長殺し』


騎士団長殺し

出版社:新潮社  発行日:2017/2/24

第1部 512ページ、第2部 544ページ

「顕れるイデア編」と「遷ろうメタファー編」の2部で構成されている作品。

前作から約4年ぶりの長編ということもあり、初版で130万部が用意されるなど発売前から異例の注目を集めた。

・あらすじ

主人公である肖像画家の「私」がアトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』というタイトルの日本画を発見したことから物語が展開していく。

ある日「私」の目の前に絵の中に描かれていた身長60センチほどの「騎士団長」というイデアや、異空間とつながる「メタファー通路」が顕れることになる。

13作目『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

出版社:文藝春秋

発行日:2013/4/12

376ページ

国内での人気はもちろん、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストで第一位を獲得するなど改めて海外での人気の高さを示した作品。

 

・あらすじ

高校時代多崎つくるは名前に色が入った4人の友人たちといつも行動を共にしていたが、大学2年生のときに突然友人たちから絶交を言い渡されることになる。

自殺を考えるほど追い込まれた日々を過ごした。それから月日が流れ36歳になったときにグループから追放された理由を探す「巡礼の旅」に出ることを決意する。

12作目『1Q84』


1Q84

出版社:新潮社

発行日:2009/5/29(BOOK3は2010/4/16)

BOOK1:554ページ、2:501ページ、3:602ページ

「BOOK1」「BOOK2」「BOOK3」の3巻で構成されており、シリーズで累計300万部以上の売り上げ部数を記録した作品。

・あらすじ

10歳で離ればなれとなった2人の主人公「天吾」と「青豆」が20年後の1984年に、現実のパラレルワールドとなる月が2つある世界「1Q84」に迷い込んでしまう物語。

作中に登場する小説『空気さなぎ』や新興宗教団体「さきがけ」を通じて2人の身に様々なトラブルが降りかかることになる。

11作目『アフターダーク』


アフターダーク

出版社:講談社

発行日:2004/9/7

288ページ

村上作品で異色の存在感を放つ作品。

三人称の視点とともに、「私たち」という一人称複数の視点から場面を捉えながら物語が進行していく。

 

・あらすじ

大学生のマリが深夜のデニーズで読書をしている場面から物語は幕を開ける。

2ヶ月間一度も目を覚まさないマリの姉のエリが暗い部屋の中で眠り続ける場面と、23時56分から6時52分までの約7時間の間にマリが高橋たちとともに経験する深夜の都会の出来事とが複数の視点で描かれている。

10作目『海辺のカフカ』


海辺のカフカ

出版社:新潮社  発行日:2002/9/10

上 397ページ、下 429ページ

英語版『Kafka on the Shore』はニューヨークタイムズで年間の「ベストブック10冊」および世界幻想文学大賞に選出された。

また演出家の蜷川幸雄によってこれまで2度舞台化された。

 

・あらすじ

15歳の田村カフカは父親にかけられた呪いから逃れるために家出を決意し、東京発の深夜バスで高松に向かった。

一方、野方に住む知的障害者の老人ナカタさんも「入り口の石」を探すべく東京を離れた。

共通点のない2人の主人公がどのように交わることになるのか。

9作目『スプートニクの恋人』


スプートニクの恋人

出版社:講談社  発行日:1999/4/20

310ページ

世界初の人工衛星「スプートニク」がタイトルの由来になっている。

1991年に発表された短編小説『人喰い猫』が基になっている。

 

 

・あらすじ

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。相手はすみれよりも17歳年上の既婚者で、その上女性だった。

すみれに恋をする「僕」は彼女が突然いなくなったことを知り、ギリシャの小さな島に行くことになる。

そこで「僕」を待ち受けているものとは。

8作目『ねじまき鳥クロニクル』


ねじまき鳥クロニクル

出版社:新潮社

発行日:1994/4/12(第3部は1995/8/25)

第1部 308ページ、第2部 356ページ、第3部 492ページ

第47回読売文学賞受賞。

また、英語版『The Wind-Up Bird Chronicle』は国際IMPACダブリン文学賞にノミネート。

短編小説『ねじまき鳥と火曜日の女たち』や『加納クレタ』など複数の小説が基になっている。

・あらすじ

会社をやめて日々家事を営む「僕」と、雑誌編集者として働く妻の「クミコ」。2人の平穏な結婚生活は猫の失踪をきっかけに少しずつ狂い始める。

ある日突然「クミコ」は「僕」に何も言わずに姿を消してしまう。やがて「クミコ」の失踪の裏に彼女の兄「綿谷ノボル」の存在を突き止める。

7作目『国境の南、太陽の西』


国境の南、太陽の西

出版社:講談社

発行日:1992/10/5

296ページ

もともと『ねじまき鳥クロニクル』に組み込まれるはずだったいくつかの要素を切り取って1つの物語として作られた作品。

・あらすじ

主人公の「僕」は会社を辞め、義父の出資で「ジャズを流す、上品なバー」を青山に開店する。

仕事は成功し、二人の子供を授かるもどこか違和感を抱えたまま日々を過ごしている。

そんなとき、小学校の同級生だった島本さんが店に現れる。

6作目『ダンス・ダンス・ダンス』


ダンス・ダンス・ダンス

出版社:講談社  発行日:1988/10/13

上 346ページ、下 340ページ

「羊男」や「いるかホテル」など過去作『羊をめぐる冒険』に登場したものが再登場する作品。

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』に本作を加え、四部作とする見方もある。

・あらすじ

フリーライターとして働く「僕」は「いるかホテル」の一室で羊男と再会し、札幌の映画館で同級生の出演する映画を見る。

同級生の五反田くんと共演していたのは「僕」が探していた「キキ」だった。

奇妙で複雑な世界をダンス・ステップを踏みながらすり抜けていく。

5作目『ノルウェイの森』


ノルウェイの森

出版社:講談社  発行日:1987/9/4

上 268ページ、下 260ページ

2009年時点で発行部数が1000万部を突破する。

また、2010年にトラン・アン・ユン監督により映画化されるなど国内外で人気が高い。

1983年に発表された短編小説『螢』が基になっている。

・あらすじ

37歳の主人公「ワタナベ」はハンブルク空港に到着した飛行機のスピーカーから流れる「ノルウェイの森」を聞き、学生時代の回想をする。

1969年、もうすぐ20歳になろうとする秋の出来事を思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描く恋愛小説。

4作目『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』


世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

出版社:新潮社

発行日:1985/6/15

618ページ

第21回谷崎潤一郎賞受賞。(30代での受賞は大江健三郎以来史上2人目)

1980年に発表された中編小説『街と、その不確かな壁』が基になっている。

・あらすじ

一角獣が生息する高い壁に囲まれた街で、街が生まれた謎を探し求める「僕」の物語「世界の終わり」。

計算士として活躍する「私」が自らに仕掛けられた装置の謎を探し求める「ハードボイルド・ワンダーランド」。

二つの物語が同時進行し、有機的に絡み合うときすべての謎が明らかになる。

3作目『羊をめぐる冒険』


羊をめぐる冒険

出版社:講談社

発行日:1982/10/13

406ページ

第4回野間文芸新人賞受賞。

ジャズ喫茶「ピーターラビット」を人に譲り渡し、執筆に専念した環境で書かれることになった作品。

「鼠三部作」の3作目。

・あらすじ

右翼の大物人物の依頼で「僕」は背中に星形の斑紋のある羊を探しに北海道の奥地に向かうことになる。

羊博士や羊男などとの不思議な出会いを経て、やがて「僕」は「鼠」と再会する。果てして「僕」は羊を見つけることができるのか。

2作目『1973年のピンボール』


1973年のピンボール

出版社:講談社  発行日:1980/6/17

208ページ

前作に引き続き芥川賞候補になるも落選。

前作とともに筆者自身が「未熟な時代の作品」と評価しており、長い間日本国外で翻訳書が刊行されることはなかった。

「鼠三部作」の2作目。

・あらすじ

1973年、大学を卒業し翻訳で生計を立てていた「僕」は、ふとしたことから双子の女の子と共同生活を始めることになる。

そんなある日「僕」の心をピンボールが捉える。1970年ジェイズバーで夢中になったピンボール台「スペースシップ」を探し求める物語。

1作目『風の歌を聴け』


風の歌を聴け

出版社:講談社  発行日:1979/7/23

202ページ

第22回群像新人賞受賞。

芥川賞の候補に選出されるも受賞には至らず。

ジャズ喫茶を経営するかたわらで毎日1時間ずつ執筆し約4ヶ月かけて完成させた作品。

「鼠三部作」の1作目。

・あらすじ

1970年の夏、海辺の街に帰省した「僕」は友人の「鼠」とジェイズバーで毎日大量のビールを飲み続ける。

「僕」はバーでたまたま知り合った女の子と親しくなりデートをする。やがて彼女が中絶したばかりであることを知る。

ほろ苦く過ぎ去っていく夏の18日間を軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。

 

〈村上春樹の短編小説一覧はこちらから〉

コメント

タイトルとURLをコピーしました