終了のお知らせ!?いつまで続くGo To トラベルキャンペーン

みなさんはGo To トラベルキャンペーンを利用したことはありますか?

タイに行けずに日本で絶賛リモートワーク中の僕にとってはかなりありがたいキャンペーンで、これまで何度も利用していきました。

そんなGo To トラベルキャンペーンですが、大手オンライン予約サイトを中心に割引の縮小が相次いでいます。

Go To トラベルキャンペーン基本情報

Go To トラベルキャンペーン

コロナウィルスの影響で落ち込んだ国内経済に対して景気回復を促進するためのキャンペーンで、2020年の7月22日より開始しました。

大手オンライン予約サイトより申し込むことで、旅行代金が実質50%になる割引が入ります。

Go To トラベルの公式サイトはこちら

2種類の割引がある点を少しややこしく感じる方もいると思いますので、下にまとめてみました。

①旅行代金割引

旅行代金から35%の割引が入るというもの。

こちらは7月22日以降ずっと続いている割引です。

ただし、1名あたり1泊につき14,000円が上限というのが注意点です。

②地域共通クーポン

こちらは10月1日より実施された旅行代金の15%程度が地域共通クーポンとしてキャッシュバックされるというもの。

紙タイプと電子タイプがあり、旅行先エリアの飲食店などで利用できます。

500円以上1,000円未満の端数が出た場合には端数を切り上げて1,000円分に換算されるという点は嬉しいポイントですが、その反面あまり利用できるお店が多くない(少なくとも僕が宿泊しているエリアではそう感じます)点がデメリット。

地域共通クーポン取扱店舗はこちらから検索できます。

各旅行サイトの動向

予約サイト 変更内容 変更日
楽天トラベル 1人1予約まで 2020年10月9日
YAHOO!トラベル 割引上限金額14,000円⇒3,500円に変更 2020年10月10日
じゃらん 割引上限金額14,000円⇒3,500円に変更 2020年10月10日
一休.com 割引上限金額14,000円⇒3,500円に変更 2020年10月10日

上記の通り、各旅行サイトは割引の縮小に動いています。

ということは早くも予算が尽きそうなのか?少し現状を整理してみましょう。

Go To トラベルキャンペーンの予算

Go To トラベルキャンペーンには1.1兆円という大規模な予算が組まれており、この予算を旅行予約サイトや旅行会社、宿泊施設に割り当て、どの経路からでも宿泊者がキャンペーンを適用できるような形になっています。

7月〜9月までの利用者は約1,700万人で、割引支援総額は約735億円となっています。

9月末時点で予算全体の7%にも満たない割引支援総額にも関わらず、なぜこのような事態が起こっているのか。

10月1日から東京都民も対象に

これまでは東京都民や東京都内の旅行は除外されていましたが、この10月1日からGo To トラベルキャンペーンの対象になりました。

確かに東京都発着の旅行が増えると利用者もかなり増えることは間違いないでしょう。

しかしだからといって、たった10日足らずで予算の大部分を使い切ってしまうほどの規模なのか。

そんな訳はありませんよね。カラクリはこうです。

オンラインでの予約が急増

東京都民の利用者が増えることで、大手オンライン予約サイト経由の予約が増えました。

すると大手オンライン予約サイトに割り振られていた予算が徐々に圧迫。

全体の予算で考えるとまだまだ余裕があるという状況なんですが、政府としては年配の方にも利用してもらいたいという思いから予約サイトだけに予算を集中させることには慎重でした。

結果としてそれぞれが独自に割引を縮小していったという流れです。

14日から順次割引支援の再開

本日10月13日に赤羽国交相の会見が行われました。

14日から予約サイトへの割引支援を再開し、従来の形に戻す予定だとしています。

これでまたしばらくGo To キャンペーンの恩恵を受けることができそうですね(^^)

注目している方も多いキャンペーンだと思いますので、また何か動きがあればお伝えいたします。

コメント

  1. […] <GoToトラベルキャンペーンの基本情報はこちらから> […]

タイトルとURLをコピーしました