タイの隔離生活4月から10日間に【ワクチン接種で7日間に短縮】

こんにちは。

昨年の12月にタイに入国し14日間の隔離生活中に年越しを経験したKenです。

ASQでの隔離生活は今思い返しても不自由で辛い日々でした(^◇^;)

2021年に入り、アメリカや中国を筆頭に新型コロナウイルスワクチンの接種が本格的に開始しました。

ワクチンの普及は隔離生活期間とどのように関わってくるのでしょうか。

4月以降のタイでの隔離生活について詳しく紹介していきます。

⚫︎隔離生活期間中の様子はこちら

 タイ 4月以降の隔離期間とワクチン接種について

隔離生活 緩和 ワクチン

タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)は4月以降のタイ入国後の隔離検疫期間を14日から10日に短縮することを発表しました。

さらに入国前にワクチンを接種していて、証明書を提示すれば7日間に短縮されます。

また今後の見通しとして、6月以降のさらなる緩和と10月以降の隔離検疫なしを計画しています。

タイへの観光客はもちろん、タイ在住の日本人にとってもかなりありがたいニュースですね!

⚫︎検疫期間の緩和政策まとめ

・4月以降

検疫期間14日→10日に短縮  ※ワクチン摂取で7日に短縮

管理されたエリアでの屋外運動、プール、フィットネスセンターの利用が可能

検疫エリア外の食品や製品を購入することが可能

・7月以降

ホテル内のダイニングホールでの食事、スパやマッサージの利用が可能

・10月以降

隔離検疫なし  ※指定された国からの旅行者には適用

 

隔離生活が早くなくなり、日本への一時帰国ができるようになることを切に願います。

また昨年に引き続き今年もタイ旧正月のお祭りソンクラーンでの水かけ祭りが中止になりました。

タイでの一大イベントが経験できず残念です(ToT)

コメント

タイトルとURLをコピーしました